神話の森のブログ

日本の神話や民俗、また近世農村研究

「幡羅郷の湧水群」など


楡影譚より
『大里郡神社誌』における湧き水の記録(7月21日)
幡羅郷の湧水群(7月14日)

これまでいくつか昔の地図を購入してきたが、ネットで比較しながら閲覧できるところがあるのがわかった。
今昔マップ on the web

comments (0) trackback (0) 編集

「楡影譚」というブログ


楡影譚というブログを開始。

埼玉県などローカルな話題になる予定。

渋沢、藤原(地名の話)(7月8日)
武蔵国幡羅郡の範囲と人口(7月5日)
幡羅(原)という地名(7月4日)
荒川扇状地と湧水(7月2日)
日本煉瓦製造工場と小山橋(7月1日)

comments (0) trackback (0) 編集

明治とは何だったかというと


10年来の近世研究もそこそこ進んだので、所謂「近世暗黒史観」の生みの親である明治時代の再評価が必要との観点から、明治維新批判の通俗的な本をときどき読むようになったのは、2〜3年前から。この分野は専門家の本はないようなので、通俗的な本となるわけだが、やはり居酒屋談義的な内容ばかりで、もの足りない。

今年は明治維新150周年だが、先日amazon の Kindleストア で「明治維新」で検索したら、会員は無料で読める本がいくつもあった。原田某氏の本など既に購入済みの本もあったので、もったいないことをしたと思った。

その昔、所謂古代史のトンデモ本を、気軽に買うこともよくあったが、明治維新の本は、時代が近いこともあって気楽には読めない。現政権への不満を過去へ投影しているだけではないかといったことの検証課題だけが山積みになってゆく。

そこで最初のテーマに立ち戻って、所謂 江戸時代暗黒史観はいかにして形成され、広まったのかという問題である。
すぐには結論は出ないので、とりあえず、各論的な分野を考えていくときなどで、この問題につながることがらが現れることを期待するというのが現状である。
たとえば、天保の饑饉について、大凶作の意味で書き記した最初の者は誰かとか、時代ごとの価値観を比較研究したものに触れてみたい。吉原への価値観の変遷については良い研究があったと思う。

そしてこの分野で最も深い洞察を感じたものは、丸谷才一文芸表論集『梨のつぶて』(晶文社)のなかの「津田左右吉に逆らって」などの評論だった。これは津田の日本文学史への批判なのだが、大かたは津田は文学がわからない人間だと取りあげられなかったことに、まともに取り組んだわけだが、意外と難儀な問題に思えた。
19世紀西洋の事象から、都合の良い表面的な部分だけ取り入れて、とにかく形だけは整った学問ができて、以後はそのときの形を頑なに変えないようなものが、通ってしまっているのはなぜか。
津田は、皇国史観とは異なる合理的な歴史解釈だったとそれだけで単純に評価された戦後の一時期もあったが、皇国史観といっても、皇室の歴史のなかの都合の良い部分だけ引き抜いて新たに作り上げたものでしかないという意味では、どっちもどっち。こうして虚無感に浸ることになってしまうわけだが、政治史から離れて取り組むのが、一番良い方法だというのが、とりあえずの結論。
『梨のつぶて』は1966年10月15日発行。翌年の「明治百年」を意識したものだと思う。
(明治百年は、100周年ではなく、改元がなければ1967年が明治百年となるので、そう呼ばれた。)

comments (0) trackback (0) 編集

過去帳に記載の家族以外の人物


西川家過去帳 江戸の浮世絵師、鈴木春信は、今でも人気が高い絵師だが、京都の絵師の西川祐信の弟子であったことが、研究家の林美一氏によって証明されている。大きな根拠となったのが、西川家に伝わる過去帳に、鈴木春信の名前と戒名が書き入れられていることが発見されたからである(図版、林氏の著書より)。春信の命日は、明和七年六月十四日。西川祐信の優れた弟子でもあり、西川家とは家族同然の暮らしでもあった春信は、江戸で没したあと、西川家の過去帳にも記載され、月命日には他の西川家の先祖と同様に供養されたと思われる。

 さて我が家の過去帳にも、当家の者でない人の名が記載されている例が、いくつかある。古文書の本格的な整理を始めてから幾年かあとに、過去帳を見たときに気づいた名前がある。月命日は二十九日、享保六年(1721)五月に没した人の戒名の脇に「江戸蔵田源五右衛門妻」と書かれていた。(図版)
過去帳_蔵田
 蔵田源五右衛門とは、当村の領主だった旗本中野家の用人である。元禄十一年(1698)八月の検地の時の責任者であり、正徳三年(1713)の文書にも名前がある。
 過去帳には源五右衛門その人の名はなく、彼の妻が、当家の縁者であると見るべきだろう。
 元禄十一年の検地は、太閤検地以来の、江戸時代ではただ一回の大規模な検地だった。数日で完了できるものではなく、蔵田氏は長期にわたって当村に滞在したであろう。そのときに当家の娘を見初めたと考へるのが自然だらう。戒名も同じ法華宗のようである。妻の没した享保六年(1721)は、元禄十一年(1698)から23年後。20代前半で嫁いだとすれば、40代半ば、早い死であったのかもしれない。
 用人の給金は天保時代でも年五両しかなく、米代が別としても、年収では上層農民よりも低い。しかし、武士の身分であることを加味すると、対等の付き合いができる関係なのではなかろうか。

 他に、当家の過去帳の同じ二十九日には、「中田仁兵衛子」と書かれた戒名もある(図版)。他に「中田仁兵衛」「中田仁兵衛妻」が享保の頃にあり、別に「中田仁兵衛娘」もある。戒名の文字数が短いので、番頭夫婦かもしれない。苗字については、血族でないことを示すために出身の苗字を記すことはあるだらう。
 正徳の頃には「壽清院妙厚日理、江戸川崎善右衛門妻」といふ人もある。夫の「川崎善右衛門」、舅と思はれる「川崎先ノ善右衛門」、計三人の名がある。この「妻」も、当家の出身と思はれる。苗字の上に「江戸」とあるのは、先ほどの「江戸蔵田源五右衛門妻」と同じなのだが、領主の中野家には川崎氏はゐない。江戸の商家あたりかもしれない。
 前述の蔵田源五右衛門も、妻より先に没していたら、当家の過去帳に記載されたとも考えられる。

comments (0) trackback (0) 編集

「倚松帖」からインポート


2016〜2017年の「倚松帖」の記事をインポートした。
埼玉県稲荷山古墳の鉄剣の年代 (11/18)
旅館で見た版画絵と釈迢空の歌を探す (10/31)
海幸彦山幸彦の物語 (08/10)
邪馬台国 (07/30)
A5判数10ページの中綴製本の冊子の作り方 (06/17)
『日本お伽集』などの挿絵 (04/19)
洪水伝説 (02/21)
本の持ち方 (10/12)
蔵書の処分 (09/29)
「古代」と「渡来人」 (09/19)
東日本大震災から5年半 (09/11)
8月8日の陛下のお言葉 (09/09)
外江戸古文書会 (09/07)
大野晋『日本語の起源』 (09/03)
歴史的仮名遣ひ(本ブログの表記) (09/01)
献花の持ち方、左高? 右高? (08/30)
黄泉つ伊邪那美 いろはうた (08/28)
子(ね)の日の小松 (08/26)
「倚松帖」とは (08/24)
教科書の悪文について (08/22)
昭和天皇の仮名遣ひ (08/21)

comments (0) trackback (0) 編集

百人一首 2 持統天皇


春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山 持統天皇


この歌は、初夏の歌ではなく、早春の歌だという説があり、誰の説か忘れていたのだが、
数年前に中西進の講話CD集『万葉秀歌を旅する』を聞いて、中西氏の説とわかり、捨てておいてはまづいと思った。講談社文庫の中西氏の万葉集は、よくひもといていた時期もある。
最初にこの説を聞いたのはテレビ番組のような記憶もある。

さてその解釈とは、
早春のまだ寒い日の早朝をイメージすると良い。
いくつかの春の行事も終えたが、まだ寒い季節。天皇が朝お目覚めになり、窓を開けると、あたりは一面の雪景色。遠く天の香具山も雪に覆われ、美しい輝きに満ちていた。ところが女官たちは、寒い寒いと言ってまだ誰も起きて来ない。そこで天皇は歌をお詠みになった。
いつまでも寝ているから、春も過ぎて、夏が来てしまっていますよ。御覧なさい、もう夏の白い衣を干しているではありませんか、天の香具山では。
こんなイメージである。

中西氏によると、催馬楽に類似の歌詞があるらしく、こう解釈するしかないような話。
そもそも、神聖な天の香具山に洗濯物を干すはずがなく、洗濯物が王朝人の歌の題材になるはずがない。
初春に山の湧き水の前で行われる田植祭は、初夏の田植行事を予祝するものである。季節といい、どこか持統天皇の御歌とも重なっている。「1」の天智天皇の歌は、稲作の後半の秋から冬にかけての歌だった。2つはセットのようでもあり、2つで1年が繰り返して行く。

comments (0) trackback (0) 編集

百人一首 1 天智天皇


秋の田の 仮廬の庵の 苫をあらみ わが衣手は 露に濡れつつ 天智天皇


天智天皇が、稲刈りに従事する農民の労苦をいたわる歌という解説が多い。
確かに天皇とはそういう存在であることは間違いないが、歌の意味はそれだけだろうか。

秋の田の稲を刈るときに仮設の小屋を建て、その小屋は苫が粗く隙間があるので、夜露で袖が濡れたという。
夜露で濡れるのは、隙間が真上の屋根にあったからと考えるのが自然である。
そこで思い起すのは、古事記のウガヤフキアヘズの命の出生のときの話である。

母の豊玉姫が、海辺の渚に産屋を建てて籠るとき、屋根の萱を葺くのに、葺き終えないうちに、つまり「葺き合へず」という状態で生れたのが、ウガヤフキアヘズの命(鵜葺草葺不合命)である。たまたま急なお産となったように書かれてあるが、解説によると、実は産屋の屋根は全部葺かずに隙間を開けておくもので、その隙間を通って新しい命の霊魂が降りてくるからだという民俗についての解説があった。ここでは霊は母の故郷である海の彼方からやってきたことになる。
四国の漁村では、海で魚の群れが陸のほうへ向かうのを見たときは、子供が生れるときだという話もある。

田を刈るときに隠る仮屋の屋根の隙間も、何かの霊が降りてくるためのものではないかとも思える。
稲刈とは、稲が植物としての生命を終え、初穂(稲穂)に付いた籾を残すことであり、籾や米の誕生のことである。米の誕生に際しては、穀霊と呼ばれるものがどこかの段階で宿るはずである。穀霊は刈る前にすでに宿っているのかもしれないが、ともかく、人がその誕生の介添役にふさわしい力を得るために、秋の田の仮廬に一晩隠ることがあったのではなかろうか。歌は、誕生する稲の霊への祝福であり、収穫される米への祝福だと読めるのである。

米は一粒の種籾から、数百粒の米に増えるそうである。品種改良以前の古い時代には多少は少なかったかもしれないが、それでも、百粒ほどには成ったのではないか。
天皇の御製は、じゅうぶんに成熟した百粒の歌への祝福でもあるように考えられなくもない。それがここにえらばれた百首の歌なのだろう。
・・・・こんな風に解釈できないこともないのではないか。
また、一夜の宿りで袖を濡らすというのは、やはり、恋歌を連想するものである。

comments (0) trackback (0) 編集

戊辰戦争150年


150年前の慶応4年1月3日、新暦に換算すると1月27日に、鳥羽・伏見の戦いが始まった。翌年の函館戦争までを、戊辰戦争と呼ぶことになっている。
Wikipediaを見ると「戊辰戦争」のページに、「新政府軍が用いた錦旗(錦の御旗)の模写図」が載っている。政治利用の極致というか、あのような旗を掲げられたらたまらない。

別のブログに『折口信夫伝』(岡野弘彦著)について書いたとき、折口信夫という人は昭和20年の敗戦の意味を最も深く受けとめた一人だという意味のことを書き、慶応4年(〜明治2年)の敗戦のときは、誰がいたろうと書いた。

慶応の頃になると、村の名主たちも先行きが不安に思えたのか、情報交換を行なっていたようで、著名な大名が書いた書状の写しなどを、読んで書き写していた。
慶応3年10月の大政奉還のころの写しには、「上様無余儀 征夷大将軍御退役の儀 被仰付候処、御所より過る十六日御返口に相成、平大名同様に相成候由、左候へば普し鎌倉北条代の通り執兼職相立可申候」などと書かれてある。
しかしそのような期待も虚しく、その後の変化は、非常に急速なものとなった。

comments (0) trackback (0) 編集

海幸彦と山幸彦


農村向けの雑誌『家の光』の付録に『こども家の光』という小さい冊子が毎月付いていたころがあり、昭和31年6月号に、古事記の神話物語「海幸彦山幸彦の物語」が載ってゐた。浜田広介の執筆。画像は4ページのうちの2ページ。
海彦山彦

古事記の物語と大きく異なる部分がある。
ここでの海幸彦山幸彦は高天原に住んでゐることになってゐるが、古事記では日向国である。意図は不明。

釣道具と弓矢の交換を提案したのは、古事記では弟の山幸彦である。山幸彦は自分で言ひ出して兄の釣り針を紛失したが、それで最後に兄を懲らしめるのでは、少々正義から遠くなるといふ理解なのかもしれない。

3ページ目以後の話では、綿津見宮の井戸で水を汲んでゐたのは、古事記では豊玉姫ではなくその従婢である。しかしこの場面は他の多くの作家による再話でも、豊玉姫と山幸彦の直接の出会ひに脚色されてゐる。そのほうがラブロマンスとしてドラマチックなのだらう。しかし子供向けなのでロマンスは省略されてゐる。

古事記では、山幸彦は綿津見宮で三年もの間、接待を受けて、釣り針のことを忘れてゐたのだが、この再話では釣り針はすぐに見つかる。全体の話を短くまとめるためだらうか。
海彦山彦2

「こども家の光」には、日本の古い話が多く掲載されてゐたかといふと、そうでもなく、毎月、世界の童話などが少しづつ遍ねく紹介され、そのうちの一つといふこと。(2017.08.10)

comments (0) trackback (0) 編集

『火山で読み解く古事記の謎』


『火山で読み解く古事記の謎』蒲池明弘 著(文春新書 2017)。
古事記の物語の背景には、火山活動の記憶やその反映などが見え隠れするのではないかという本であり、興味深い。国文学者の益田勝美や物理学者の寺田寅彦、ロシアのワノフスキーらの先行する研究をふまえたものである。

 八俣のオロチが、赤い目をして八つの尾根と谷にまたがり、腹から血を吹き出していたという話。八俣のオロチを退治したことは、火山活動が鎮まったことの反映なのだろうと、最初に本の題名だけ見て思ったわけだが、読み始めると、その通りで、さらに多くのことが取り上げられている。

 天照大神の天の岩戸隠れの話は、日食などは関係ない。日食は数分で元に戻るものである。古事記に書かれるように、山から木を抜いて運んだり、鍛冶屋が銅鏡を鋳造するほどのひまはない。須佐之男命が大暴れしたのは、噴煙が長期間、天を覆い尽くすほどの火山の大噴火のことであるという。海の神でもある須佐之男は、海底火山の大噴火を意味し、実際に縄文時代には九州の南の鬼界カルデアが大噴火したことは考古学ないし地質学的にも証明されている。岩戸隠れで世界が闇夜となったのは、この大噴火の反映ではないかと。
 伊邪那美神が去った黄泉国でも、火山活動が活発らしい。黄泉とは、硫黄成分を含む温泉の意味であろうともいう。そのほか、多くの事例が書かれている。
 そして火山を鎮めるちからのある者が、この国を治めることになる。

 保立道久『歴史のなかの大地動乱』からの引用があり、奈良時代の天平6年、近畿地方の大地震の3か月後の聖武天皇の詔勅が紹介される。

 「このころ天すこぶる異を見せ地はあまた震動す。しばらく朕の訓導の明らかならざるによるか。民の多く罪に入るは、その責め予一人にあり」

 「地震は自分の「訓導」がよくなかったために起きたことであり、責任はすべて自分一人にあるというのである。」
 今の時代の陛下の被災地慰問等は、そうした古代的なことの現代的表現ではないかと、著者の蒲池氏はいう。内田樹氏も同じ見方をしているとのことである。なるほどと思う。

 聖武天皇の詔勅には、地震の結果、「民の多く罪に入る」と書かれる。罪とは何か、自然に起った災いのことも、古代では罪といった。穢れについても同様である。とすると、「罪・穢れを祓い清める」とは、地震や火山活動を鎮める意味にもなる。罪や穢れ、また禊ぎや祓いについても、自然災害や火山活動の視点から再考する必要があるのではないかと思えるのだが、これは今後の課題。

comments (0) trackback (0) 編集
1/26 >>