伊古乃速御玉姫・淡洲明神

比企郡滑川町

 滑川の中流域、比企郡滑川町伊古に式内社・伊古乃速御玉姫神社がある。この神は、素直に考へれば、土地を潤す滑川の神であり、沼の神であり、この丘陵地帯に多い溜め池を守護する水の神である。元宮があったといふ二ノ宮山では雨乞の獅子舞が行なはれ、そのとき歌はれる雨乞獅子の歌がある。

 ○天河の堰のもとに雲が立つ。お暇申して、いざ帰らんか   雨乞獅子の歌

 伊古乃速御玉姫神社は別名を淡洲(あはす)明神といひ、隣接の七つの字に淡洲神社があるが、室町時代の初めにはこの名があったといふ。

 伊古乃速御玉姫神社の社前の松は、何代目かのもので、昔から安産の霊験ありといはれてきた木である。御祭神の気長足姫命(おきながたらしひめのみこと)とは、神功皇后のことで、お産の神とされることも多い。境内摂社には八幡社もある。  他にない神社名であることから色々なことが権威ある書においても言はれたが、語呂合せの範囲を出ないものばかりなので省略する。