神話の森のブログ

日本の神話や民俗、また近世農村研究

猫の目の形で時刻を知る歌


猫の目の形で時刻を知る歌というのがある。
猫の目が、夜は丸く大きくなり、昼は細く小さくなるのを、その段階に従って歌で詠んで、歌をおぼえて、おおむねの時刻を知るための智恵の歌なのだろう。
時刻は江戸時代の数え方で、猫の目の形は「丸→卵→うりざね→針」にたとえている。

 六つ丸く、四八うりざね、五と七と卵となりて、九つは針   谷川士清

「明け六つ」「暮れ六つ」というように、六つは日の出、日の入りのこと。
日の出・日の入りが、六つ。 →丸く
午前8時、午後4時が、五つ、七つ。→卵
午前10時、午後2時が、四つ、八つ。→うりざね
正午が、      九つ。 →針

歌の語呂の関係で、卵とうりざねは順番通りではない。
たまたま何かで見て手帳にメモしておいた歌だったが、ネット検索で調べたら、作者の谷川士清という人は、今の三重県の津市に生まれた国学者とのこと。
そのほかの時刻の数え方は以下の通り。

明け六つ 日の出
  五つ 午前8時
  四つ 午前10時
  九つ 正午
  八つ 午後2時
  七つ 午後4時
暮れ六つ 日没
  五つ 午後8時
  四つ 午後10時
  九つ 午前0時
  八つ 午前2時
  七つ 午前4時

comments (0) trackback (0) 編集

コメント

コメント投稿

トラックバック