神話の森のブログ

日本の神話や民俗、また近世農村研究

群馬県の近戸神社


鈴木繁『群馬よもやま俗話』(あかぎ出版 2004年)という本のなかに、「赤城信仰の背景」と題した一章があり、有名な赤城山の赤城神社のほか、近戸神社という神社がいくつか紹介されています。

前橋市大胡町 大胡神社 大胡城の鎮守で「近戸大明神」と言っていた。

勢多郡粕川村深津 近戸神社
聖武天皇の時代に小野綱手が城の鎮守として祭った。坂田城址や、鳥山御殿という館址がある。
……やはり城の鎮守となっている

前橋市上増田町 近戸神社
推古天皇の御代に赤城神の告げていうのに、「われ大明神は天に在って相生神で男星である。この国の人はわが名を磐筒男命と呼んでいる。この赤城山は内宮であり、水海に近きところは外宮である。汝、科野(信濃)大神の告げによって田を開かせる。よって先ず外宮である近外山(近戸)の神を祭るべしと」
……外と内、という対比になっている。

comments (0) trackback (0) 編集

コメント

コメント投稿

トラックバック