神話の森のブログ

日本の神話や民俗、また近世農村研究

古い地図


昨年末に書店で普及価格の地図帳を購入。市町村合併後の地図だった。
現代の日本地図をあらためて眺めてみると、30〜40年前のころとくらべて地形の変った部分がある。
秋田の八郎潟はほとんど干拓され、千葉県の印幡沼も同様で小さくなっている。東京湾も埋め立てが進んで御台場という島もなくなり、大阪湾も同様である。

古い時代の史料をもとに作られた奈良時代以前の地図を見れば、さらに違いが大きい。

大阪平野は、内陸が深い入江となっていて、北方向に半島が伸びて入口は狭い。半島の先端が、大阪城や仁徳天皇の高津宮があったあたりである。入江は古事記では草香江とも呼び、生駒山のふもと近くまであって、そこへ神武天皇が最初に上陸しようとして失敗している。菅原道真は九州下向のときこの海を船で南に進んで道明寺天満宮(藤井寺市)に立ち寄ったという伝承がある、大和川もこの入江に注いでいた。

関東平野では北浦、霞ヶ浦から、印幡沼も含めて、群馬県東部に至るまで、ヤツデの葉を横に引き延ばしたようなかたちの長大な入江のようなものが続いていたらしい。平将門が新都を築こうとした場所はその「水郷地帯」のほぼ中央にあたる。東京湾も埼玉県の浦和あたりまで「浦」だったらしい。在原業平が隅田川で都鳥の歌を詠んだ場所は埼玉県春日部付近だともいう。

大阪湾には、奥州松島のように島がたくさんあったらしく、そこで天皇の八十島祭が行なわれた。しかし平安時代末期には島が陸続きとなってしまったために祭は中止になったという。平安時代中期に最も海面が下がったということだろうか。関東では平将門のあと、熊谷市北部の利根川べりの妻沼の歓喜院という寺の開基は源平時代の斎藤実盛だといい、その時代は川の水量もかなり減って利根川岸にも人が住めるようになったのかもしれない。

名古屋の西の熱田のさらに西にも内湾があったらしく、東海道で桑名までは江戸時代になっても陸路はなく、船で渡った。七里の渡しといったらしい。近世以後も海岸線は後退しつづけているということだろう。

comments (1) trackback (0) 編集

「前方後円墳」の名づけ親・蒲生君平


しもつけ風土記の丘資料館 寛政の三奇人の一人、蒲生君平は「前方後円墳」の名づけ親であるそうで、栃木県立しもつけ風土記の丘資料館で特別展示が行なわれている。蒲生は当時所在のわからなくなっていた古代の天皇陵を調べて考証し、『山陵志』という著書にまとめたが不遇の生涯であった。幕末の尊王思想の時代になって再評価され、宇都宮藩の資金で更に陵の調査が行なわれ、それは幕府公認の事業だったという。
(資料館は、下都賀郡国分寺町の思川と姿川の川俣の台地にあった国分寺跡国分尼寺跡にある。ここから北西2〜3キロのところに「室の八島」で知られ下野総社といわれた大神神社(おおみわじんじゃ)がある。)

寛政の三奇人
 寛政の三奇人といわれた林子平(はやししへい)、蒲生君平(がもうくんぺい)、高山彦九郎は、浪人の身で各地を遊学し、それぞれ面識があったようである。
 林子平は、父が士籍を失ったため、生涯を浪人の身で過ごした。兄が仙台藩に仕官できたことから、ともに仙台に移って居候となる。長崎や江戸へ遊学し、寛政三年(1791)に海防の必要を説いた『海国兵談』を自費で出版したが、「奇怪異説、政治私議」との理由で幕府に出版を差し止められ、版木も没収された。仙台に幽閉させられたまま、二年後、不遇のうちに没した。
  親も無し、妻無し、子無し、版木無し、金も無けれど、死にたくも無し  林子平
この歌から戯れに六無斎と号した。

 蒲生君平は、宇都宮の半農半商の家に生れたが、農商を好まず、学問を志した。先祖に会津城主蒲生氏郷がいることから蒲生を名のる。尊王の志に燃え、北を巡っては北辺の無防備を憂い、西へ赴いては天皇陵の荒廃を嘆いた。享和元年『山陵志』を著す。よく母に仕え、兄の死に際しても田畑の受け取りを返上して歌を送ったという。
  たらちねにおも似る老の ます鏡 かたちとともに落つる涙か <蒲生君平>

 高山彦九郎は、上野国新田郡に生れた。京を訪れ、江戸城の豪華さに比べて御所の姿を嘆いた。諸国を巡遊して勤王を説き、膨大な著作を残した。
 米沢藩の莅戸太華(のぞきどたいが)は、彦九郎に惚れ込み、自らは失脚後で貧乏だったが、七十両の大金を恵んだ。その貧乏のありさまを他人が詠んだ歌がある。
  米櫃をのぞきてみれば米はなし。明日から何を九郎兵衛かな
 彦九郎は寛政五年、九州で病に倒れたことがもとで、自刃した。彦九郎の六歳の子が詠んだ歌。
  喪屋にゐて、天のはらはら落ちくるは、哀れぞまさる涙なりけり
  藤衣、ころも寒しと風吹けば、木の葉散り行く音ぞかなしき

comments (0) trackback (0) 編集

『日本名所風俗図会』角川書店


昭和50年代に角川書店から発行された『日本名所風俗図会』は、江戸時代の諸国の名所図会のおもだったものを、集大成したので、全19冊。当時の絵をそのまま載せ、文章は活字化して多くルビを付した点が実に読みやすい。
「歌語り風土記」を執筆するときも、東京浅草寺の御詠歌や岐阜県の不破の関守の話など、いくつかを同書から参照した。
けれどそのときは数冊しか持っていなかったので、今年の春にネットの古書店で手頃な値段のものを見つけて18冊を購入した(別巻が欠けるのはこの値段ではやむを得ない)。

最近CD-ROM版で販売しているところもあるそうで、
http://www.ozorasha.co.jp/cdrom/Meisho.htm
9点を収録ということだが、角川版の三冊ぶん程度。文献名、地名、人名……等の検索機能はあるが全文検索ではない。つまり古い本のページを画像で収録したものなので、やはりルビつきの活字で読める角川版がおすすめということになる。
以下は、内容をOCRでテキストにしたもの。こうしておくとあとで便利に使える場合がある。

日本名所風俗図会
1奥州北陸 蝦夷島奇観(正・統) 蝦夷風俗図会 奥州名所図会 東国旅行談 松島図誌 三山雅集 東国名勝志 北越雪譜 白山遊覧図記
2関東 日光山志 利根川図志 鹿島志 成田名所図会 鎌倉物語 箱根七湯集
3江戸1 江戸名所記 江戸名所花暦 東都歳時記 絵本江戸土産 墨田川両岸一覧 武蔵野話(正・続)
4江戸2 江戸名所図会
5東山東海 甲斐叢記 富嶽細見記 駿河名所図会 熱海温泉図彙 遠江古蹟之図会 善光寺道名所図会
6東海 尾張名陽図会 尾張名所図会 犬山視聞図会
7京都1 京童 京童跡追 都林泉名勝図会 花洛名勝図会 宇治川両岸一覧
8京都2 都名所図会 拾遺都名所図会 帝都雅景一覧
9奈良 南都名所集 奈良名所八重桜 南都名所記 大和名所図会 吉野山独案内 吉野郡名山図志
10大阪 摂津名所図会 浪華の脹ひ 天保山名所図会
11近畿1 近江名所図会 賎嶽戦場図会 淀川両岸一覧 住吉名勝図合 河内名所図会 和泉名所図会
12近畿2 伊勢参宮名所図会 紀伊国名所図会
13中国 有馬山温泉小鑑 播磨名所巡覧図会 備中名勝考 厳島図会 淡路国名所図絵
14四国 金比羅参詣名所図会 讃岐国名勝図会 阿波名所図会
15九州 筑前名勝画譜 長崎名勝図絵 三国名勝図会 鹿児島風流 琉球談
16諸国1 和朝名勝画図 山水奇観 日本名山図会 日本山海名物図会 日本山海名産図会 五畿内産物図会
17諸国2 東海道名所図会 木曾路名所図会 中国名所図会
18諸国3 西国三十三所名所図会 二十四輩順拝図会
別 風俗の巻

comments (0) - 編集

群馬県の近戸神社


鈴木繁『群馬よもやま俗話』(あかぎ出版 2004年)という本のなかに、「赤城信仰の背景」と題した一章があり、有名な赤城山の赤城神社のほか、近戸神社という神社がいくつか紹介されています。

前橋市大胡町 大胡神社 大胡城の鎮守で「近戸大明神」と言っていた。

勢多郡粕川村深津 近戸神社
聖武天皇の時代に小野綱手が城の鎮守として祭った。坂田城址や、鳥山御殿という館址がある。
……やはり城の鎮守となっている

前橋市上増田町 近戸神社
推古天皇の御代に赤城神の告げていうのに、「われ大明神は天に在って相生神で男星である。この国の人はわが名を磐筒男命と呼んでいる。この赤城山は内宮であり、水海に近きところは外宮である。汝、科野(信濃)大神の告げによって田を開かせる。よって先ず外宮である近外山(近戸)の神を祭るべしと」
……外と内、という対比になっている。

comments (0) trackback (0) 編集

市町村合併と消えた地名


福島県の東南端の棚倉町を訪れたときのこと、地図に「八槻(やつき)」とある地名の場所に車で差しかかると、商店の看板などに「近津」という文字があちこちに見えるようになりました。近津は地名のようにも見えますが地図にはありません。しかしよく地図を見ると、JRの駅名に「ちかつ」とありました。

あとで調べてみると、この地域は、戦後に棚倉町に編入される以前は、「近津村」と言っていたようです。それで近津小学校もあれば近津郵便局もあったのでした。
この近津村も、明治時代の町村合併で初めて出来た村です。八槻のほか「寺山、手沢などと相合せて近津村と改む。近津宮のあればなり」と地名辞書にあります。近津宮とは、明治に都都古別神社と名を改めた古社のことです。都都古別神社は延喜式のころからの由緒ある名前なのですが、近世の繁栄をもたらした近津の名も惜しいものがありますから、村の名で残ることになったのでしょうか。近津の名は、明治の新しい村名ですがそれ以前の古い由緒を伝える地名でもあったのです。

近津村のように、今は地図から消えてしまった地名は少なくありません。坂口安吾の飛騨高山についての随想を読んでいたら、いくつもの出てくる地名が気になり、地図で調べたところ、ほとんど載っていなかったことがあります。執筆されたのが昭和20年代ですから、書かれた地名はその当時の村名であって、30年代以後に合併のために村がなくなったのだろうと思います。

最近また「平成の大合併」などと旗が振られ、またも多くの地名が消えつつあります。

ところで、今の大字の地名の大部分は、明治以前には村の名前であり、ほとんど室町時代から変らないというところが多いそうです。エッセイなどで「○○市の稲荷神社」と書いても将来はわからなくなるでしょうから、「○○市大字△△の稲荷神社」と書くのが良いと思います。大字の名前がもし「△△町何丁目」に変わったとしても、それでわからないことはありません。しかしそれには大字の名を町名に残しておいてもらう必要がありますけれども。
対等合併で新しい市の名前で困ったときは、「近津村」の例も参考になると思います。

玄松子さんという人は、地名変更によってホームページ内の地名表記を一つ一つ訂正しているそうですが、「神話浪漫館諸国編・歌語り風土記」は未定です。

comments (0) trackback (0) 編集

オノゴロ島


「島」とは、どんなものをいうのでしょうか。
広辞苑によると「周囲が水によって囲まれた小陸地。成因上から火山島・珊瑚島・陸島などに分類」とあります。
私などのように関東の二大河の利根川と荒川の接近した地域に住んでいると、大字の名前などで「〜島」という地名が実に多く、遥か古代にはこれらの川は想像を絶するような広い川幅の中に沢山の島々があったのだろうと、以前は思っていました。

けれど「周囲が水によって囲まれた」というような外から客観的な形状を眺めるような態度で古代の人が見ていたかというと、そんなことはないのでしょう。広辞苑の説明はあくまで地学などの自然科学による見方です。
月の形でいえば、十六夜(いざよひ)とか二十三夜待ちとか、日本人は、その満ち欠けの形よりも月の出の時刻に注意を払っていたことがわかります。つまり、十六夜とは日没から月の出までの半時余りの闇夜を神秘なものと見たものですし、二十三夜待ちとは下弦の月が出る夜中の12時ごろを待つ宵待ちのことです。

島についても、形ではなく時間の流れ、地形ですからかなり長い年月の流れになりますが、そういうふうに見ると、島とは、
古い時代に水の底だった土地が、歴史の経過とともに陸地となっていった土地
と定義するのが良いように思います。これが島の定義といっていいと思います。

長い年月の間に、川の流れが変化したり堆積によって「洲」ができます。「洲」をシマと読むのは、日本の国のことを「大八洲(おおやしま)」といっていたことでもわかります。では日本の国は、水の流れの堆積によってできたのでしょうか? じつは、そうともとれるような話が古事記にあります。 

古事記によれば、イザナキ・イザナミの命が結婚して、最初に出来たオノゴロ島は、もとは海水だけがあった所に、二神が天上から「あめのぬぼこ」という鉾(ほこ)を差し下ろして水を掻き回したら、鉾の先から塩がしたたり落ちてできた島だといいます。オノゴロ島も、元は水底だった場所が陸になった場所という意味では、前述の「島の定義」と食い違いはないのです。

かつて海の底だった土地が長い歴史とともに海水が引いて陸地となったような土地もあるでしょう。地名の中には、長い年月を経て受け継がれた記憶から名づけられるものも多いでしょうし、代々受け継がれた人々の記憶は、自然を主人公にした一つの物語に形作られて、地名に結実していったこともあったかもしれません。ここでいう自然とは神々のことでもあります。さらにはその土地でおきた歴史上の人間の物語も地名に篭めらることもあります。
和歌の修辞法である枕詞についての解説によると、「空みつ 大和」など枕詞は地名に付くのが古い形であり、古い物語を伝えるためのものであると言われるのですが、上に述べたような理由もあるのかもしれません。
そうやって、歴史は一歩を踏み出して行ったのでしょう。

 あしゆびもおのころ島をはなれねば、わが思ふこと、おほよそ虚し  釈迢空

comments (1) trackback (0) 編集
<< 2/2