神話の森のブログ

日本の神話や民俗、また近世農村研究

ブログのよしあし


日常の日記や社会問題などの情報サイトというのでなく、
研究ないし趣味のコラムといった目的にとってのブログのメリットとデメリットということです。
本格的なものを作るのならきちんとしたホームページを作るべきなのでしょう。

ブログの良いところは、記事の更新ごとに送信されるPing情報によって、思いがけない人が多数見てくれることです。
また、ある程度しっかり作れば、立ち上げたばかりでもGoogleなどの検索エンジンでヒットし、新規の記事でも数日で検索にヒットします。最近は検索結果の上位はブログばかりになることも多く、あまり有用な情報ではないページばかりなので、検索エンジンも対策を考えているという話ですが、今のところは検索にも有利です。
そのほかリンクの追加など作成上の手間がかかりません。

「玄松子のぶろぐ」さんの例では、ホームページの更新情報をブログで提供する形式になっています。画像一つと短い概略記事があり、ホームページと重複する部分もありますが、カタログ風の導入部として見やすく操作しやすいものになっています。本格的なサイトの各ページへ入りやすいように一つ一つ紹介するブログというのも価値があります。

当ブログのようなコラム集の形式ですと、記事が増えてゆくごとにカテゴリー分類をもっとわかりやすくしなければならないという問題が出てくるでしょう。
「座乱読後乱駄夢人名事典」さんですと、カテゴリーは人名の読みの「あ行〜わ行」となっていますが、世界の国別、時代別といった複合的な分類も可能でしたら更に楽しいものとなるのでしょうが、そういう機能はシステムにはないようです。
当ブログのシステムでは、大分類や小分類といった階層的な分類の機能があり、今は未使用ですが将来は使うことになるかもしれません。

多数の人が見るとなると、コメントやトラックバックへの対応に困ることもあるでしょうが、当ブログでは古事記等に登場する神名がタイトルにある記事についてはトラックバックは管理人が承認したものだけ公開されるような仕組みになっています。いくつか公開されなかったものがありますが、なぜかすべて男性によるものです。『話を聞かない男性、地図の読めない女性』というベストセラーがありましたが、記事をよく読まないで反応する人がいるのでしょう。

comments (0) trackback (0) 編集

コメント

コメント投稿

トラックバック