鳥装の人と神

日本書紀神代上巻によると、大国主命の前に現われた少彦名命は、
「白斂(かがみ)の皮を以て舟に為り、鷦鷯(さざき)の羽を以て衣にして、潮水の隨に浮き到る。」
とある。鳥の羽を着ていたわけである。(ヤマカガミ=白蓮 鷦鷯=ミソサザイ のこと)

神武天皇の東征のとき吉備国を出発すると、
「亀の甲(せ)に乗りて、釣為つつ打ち羽挙(はぶ)き来る人、速吸門に遇ひき。」(古事記)とある。
羽ばたいていた人に出会ったわけである。

神功皇后が熊襲を討とうとしたとき、
「荷持田村に羽白熊鷲といふ者あり。……身に翼ありてよく飛びて高く翔ける。」といい、大和に従わなかったという。翼があって実際に高く飛んでいたということは、鳥人なのかもしれない。

清水風遺跡各地の弥生時代の遺跡から出土した土器などに、鳥装の人の絵が描かれる。
奈良県田原本町の清水風遺跡出土の土器片に描かれた巫女と戦士の絵のスケッチがある。
右の楯を持つ戦士像は、頭に羽根をつけ、足の指が3本に見える。
左の巫女像は、大きな羽根をかざしている。
http://kyushu.yomiuri.co.jp/magazine/rekishikou/005/re_005_040529.htm

『鹿と鳥の文化史』(平林章仁)によると、鳥装のシャーマンは世界中に広がって存在したという。ヨーロッパの伝説をもとに作られたというモーツァルトのオペラ『魔笛』にもパパゲーノという森に住む鳥装の人が登場することを思い出した。鳥が死後の世界と行き来できたように、鳥装のシャーマンも、あの世とこの世を行き来できるということなのだろう。
上記URLの解説では、穀物の種を運ぶ鳥や、鳥が餅に化ける伝説の話から、穀物の豊穣との関連を中心に述べているが、葬儀や戦争そのほかにも鳥装の人が深く関わっていたようである。
comments (2) | trackbacks (0) | Edit

Comments

東山 明 | 2019/12/11 11:27
「鳥装の巫女」(奈良・清水風遺跡出土)の胸に描かれた絵は「シカ」と言われてきたが、よく見ると口ばしに魚をくわえている斜線がある、足も2本で、「サギ(コウノトリかも)」がまさに「舞っている」と考えられる。これと新しい学説であるが、頭の部分の「山形の線」も「魚」で、サギが魚をくわえて舞っていることを象徴して描いたと考えられる。
胸の絵が「サギ」で魚をくわえているので、頭部の山方の線が魚(本物の魚ではなく象徴的に何かをくわえて舞っていた)と考えられる。
もう一件、胸のサギの絵は、胸にかいて舞っていたのではなく。この絵を土器に描いた人が「これはサギの舞いですよ」と象形的に描いたと考えられる。
田植えの時、水路から田んぼに水を流し込むと、魚も平らな水田に流れ込む、その魚をねらってサギが群がる。その様子を見ながら、百姓は今年もたくさん米がとれるかなと胸を躍らせたことから「鳥装の巫女」が、「豊作の願い」の舞いではないかと考えます。ご意見をお聞かせください。(子どもの絵の発達過程の研究者で、考古学の愛好者)2019.12.12
森の番人 | 2020/02/12 12:45
鳥装の巫女の胸の絵は鳥であるというご指摘は、同意できると思います。
絵として描かれたというより、鷺舞であることを示す言わば言語的表現であるというのも、もっともです。
土器などに描かれたこうした図章が、後世の紋章などに発展するのかもしれませんね。

田の水に棲む小魚を鳥が食べに来るというのもあると思いますが、他に害虫なども食べてくれると思います。
伊勢の伊雑宮そのほかの伝承では、鶴などの鳥が、稲穂をくわえて運んで来たという話があり、全国的に語られます。
実際に鳥の糞の中には、さまざまな植物の種が含まれていますから、遠方まで種を運ぶ動物であることは間違いないわけです。

本文で引いた『鹿と鳥の文化史』は、鹿についての論考と、鳥についての論考をまとめた本ですが、鹿と鳥が密接に関るということもあったのかどうか、昔の記憶の彼方なのでわかりませんが、再読してみたい本です。

Comment Form

icons:

Trackbacks


  page top