右脳と左脳と電話の受話器

 雑談のような話、
 角田忠信という人の本を読んでいたら、座談会が掲載され、右脳と左脳の役割の違いについて、湯川秀樹博士の面白い発言があった。左脳は言語を処理するわけだから、電話の受話器を右で持つのもうなづける、といった内容の発言。何やら、受話器は右手で持つのが世の中の常識と思っていらっしゃるようで、不思議な感覚をおぼえた。天才的な頭脳というのは、生活じみた話については鷹揚なのであろうか。それともユーモアであろうか。

 左脳は、言語機能を処理するとされ、からだの右半身は左脳でコントロールするとされる。右半身にある右耳は、左脳と直結していることになる。

 ところで普通は、電話の受話器は、左手で持つ人が多いと思うのである。右利きを標準とすれば、右手でダイヤルやプッシュボタンを操作し、右手でメモをとる。したがって受話器は、左手で取り上げやすいように、コードなども左側に作られている。
 まれに、右の肩とあごの間に受話器を挟んで右手でメモをとる人もいるらしい。中には、水道の蛇口も、コップも、歯ブラシもすべて右手で操作する人もいるのかもしれず、極端な右利きの場合は、受話器も右手になるのかもしれない。

 受話器を左手で取り、右手でダイヤルを操作する。ここまでは普通ではなかろうか。その後に受話器を右手に持ち替えて会話し、そのまま右手で受話器を戻すと、受話器のコードは一回転する。それを繰り返していると、コードがよじれて、こんがらがってくる。公衆電話の利用が多かった時代には、よくコードのこんがらがっているものを見かけたものだった。我が家の電話も、ときどきコードがこんがらがった状態のときがあったので、よく巻き戻しておいたものだった。

 さて冒頭の話。言語は左脳で処理されるので、右耳で聞くほうが良いのだろうか。
 文字については、右目で視認したほうが良いというふうにはならないのではないか。両目で見た2つの映像は、脳で合成されて1つの映像として知覚され、その後に文字として認識されるのではないかと思う。
 耳については、わからないが、それほど人生にとって重要な問題でもないと思うので、文献を調べてみようとは、今のところは考えていない。
comments (0) | trackbacks (0) | Edit

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks


  page top