神話の森のブログ

日本の神話や民俗、また近世農村研究

縄文土器の魂


縄文時代の土器は、発掘された破片を組み合わせて復元を試みようとしても、必ずどこか欠落部分が生じるものだという。欠落部分は石膏などで補われて博物館などでよく見かける。

欠損部分のない縄文土器はほとんど見かけないことから、その土器が廃棄されたときに人の手で一部分がもぎ取られるように抜き取られたのではないかと、『古代甲斐国の謎』(新人物往来社、小野正文氏執筆部分)に述べられていた。
道具にも魂が存在し、魂を抜き取ってからでなければ廃棄はできない。その抜き取られた魂は、粉末にされて再び次の代の土器を作る粘土に混ぜられ、土器の魂も伝えられていったのではないかという。

青森県などで出土される縄文時代の土偶も、必ずどこか欠けた部分があるそうなので、これもまた魂を抜き取ることが行われたのではないかと思える。猟師が捕獲した動物の耳を切り取って山の神に捧げるというのも、山の神の霊を動物のからだから抜き取るためであるといわれる。
人が使う道具にも魂が宿っているという考えかたは、戦後の経済成長の中でほとんど失われてしまったかのように見えるが、それでも母屋普請のときには、古い柱の一部を、新築の屋根の梁や屋根裏などに使うということは今でも行われていると思う。家の建物の魂も、そうして代々伝えて行くことができるわけである。

同書によれば、古い石臼もよく砕かれて発見されるそうで、箒を燃やしてはいけないとか、民具の扱いの中にも、道具の魂を意識してきた生活がうかがえる。
ものを大事にするということは、「環境にやさしい」ということだけでなく、昔の心を大切にし受け継いで行こうということなのだとわかる。
国民慶祝のこのたびの新宮様御誕生の折りにも、皇室では幼児用玩具そのほか多くのものが代々修理して使われる習わしであることが報道されている。

さて今身のまわりのものを眺めてみると、パソコンがある。今年から使用しているA社のベアボーンなのだが、フロッピーディスクの部分はもう7、8年も使用している。DVDドライブも5、6年前からのもので、こういう使い方もまた良いのではないかと思った次第。

comments (2) trackback (0) 編集

コメント

はるか | 2006/09/29 05:50
おはようございます

虫の音に 月影に秋の訪れを感じる季節になり、自然と共に生きてきた日本人の感性を自分も又、感じることの出来る有り難さを感じます。

縄文土器において、欠けた部分は魂を抜き取るためにもぎ取られたものだと教えて頂き、物が朽ち果てたとしても魂は永遠であり、その魂を残し、伝えていく営みの現れが、土器の破損であれば尊い姿と見ることが出来ますね。救われました。
蝸牛歩 | 2006/09/30 22:12
その通りですね。
土偶についての部分は想像で書きました。何かの祭祀の中で破壊されたのではないかという解説をどこかで見たことがありますが、土偶の代替りで一部分が継承されたと見たほうが自然だと思います。特に陰部が破壊されたものが多いという話もありますから。

コメント投稿

トラックバック