神話の森のブログ

日本の神話や民俗、また近世農村研究

江戸時代の貨幣単位


江戸時代の貨幣単位について私がおぼえていたことは、4進法のようなもので、
1両が4分、1分が4朱、1朱が400文、ということだった。

しかし江戸時代初期の幕府の取り決めでは1両が4000文ということだったらしい。その後だんだん変動相場制のようになっていったのだが、江戸中期から幕末直前にかけては6400文前後(1朱=400文)で比較的安定していたらしいのである。

では、1両は今の金額でいえばどのくらいだろうか。
それについては、これまでは、米の値段で換算した金額を示す学者さんが多かった。戦前まではそれでも良かったのかもしれないが、戦後の食生活の変化で、米の値段はあまりに安価になりすぎている。現在の米の値段で換算すると、1両は7万円程度という安い金額になるらしい。
杉浦日向子さんの話では、大工さんの月収がちょうど1両くらいで、10両盗めば首が飛ぶというときの10両とは、普通の人の年収に近い金額だったという。
当時の大工は花形職業でもあり、それを考えれば、1両=50万円は下らないかもしれない。

そば一杯で16文、というのも比較的安定していたらしい。そば一杯が今の800円とすると、1朱は2万円、1分は8万円、1両は32万円である。このくらいがいちばん実態に合っているのではないかと思う。1文=50円である。

金森敦子著『伊勢詣と江戸の旅』(文春新書)では、旅の費用や土産代を、例によって米の金額から今の円に換算して補足説明してあったが、安すぎてぴんとこないので、いくつかを1文=50円で換算してみた。

新発田藩の大工の日当  350文 17500円
東海道の旅篭一泊二食付 200文 10000円
善光寺大部屋一泊二食付 105文  5100円
鎌倉見物案内料     100文  5000円
同 案内の絵図1枚    12文  600円
同大仏胎内拝観料     6文  300円
大神宮おふだ       6文  300円
土産の足袋一足     130文  6500円
旅行案内記(本)     50文  2500円


鎌倉見物案内料とは観光ガイドの人に支払う料金で、団体で案内してもらっても同額。
大神宮おふだとは、伊勢神宮の鋒先型のおふだで現在も300円くらいだと思う。現在の各家庭にまつられる神宮大麻と呼ばれる長四角の少し厚みのあるおふだは明治以降のものである。
足袋など衣料品や書籍は高価だったが、それらが安価になったのは最近30〜40年くらいのことだろう。

comments (2) trackback (0) 編集

コメント

高橋 | 2007/11/10 09:18
一朱、400文とあるが、1両が4000文なら
一朱は250文でという計算になるが?
森の番人 | 2007/11/11 14:47
3行目までをお読みいただいたコメントと思われますが、5行目までお読みいただければと思います。
江戸中期ごろは1両が6400文前後と書きましたが、ある資料を見た範囲では6200〜6400文くらいが多かったと記憶しています。4進法の観点から少し多目の6400文とすると便利なわけです。

最近NHKの歴史番組である若手の学芸員さんが1両は今の30万円くらいと説明されていました。30という数字も句切の良い数字なので、そんな説明をされたものと思いますが、4進法の観点からは、約32万円としたほうが便利なわけです。

コメント投稿

トラックバック