富士講の記憶  御身抜

上部拡大画像  下部拡大画像
   
   
   
   
   
   
   ●火星 ●
   ●火星
   ●火星
南天 ●火星
   ●火星
   ●火星
   ●火星 ●
   
   
   
   
   
   ●木星 ●        ● 金星●
   ●木星            金星●
   ●木星            金星●
東天 ●木星            金星● 西天
   ●木星            金星●
   ●木星            金星●
   ●木星 ●        ● 金星●


こうくうそく



土水之星
●南月


くう


●光上水之星

●明星



こうくうそく

●三光
●子星
●波方
土木入

●水星 こうくうそく
●水星 妙王そく
●水星 拾坊光くう
●水星 
●水星 心南月
●水星 大我月
●水星 躰我月也


南月 こうくうそく



本来本食?み字之?ノ海御ゆるし


 信一重なつて食滅トス  人穴 口伝
                藤原之月心仏
    父人母
地此屋わらに 藤原之画行仏  こうくう妙王光晴 (日皇月)
    天地和合

 天  地           百廿日[米木]之門百日御立待?之

 [紅葉]只津くふる寺之庭

   光き
       享保四年亥 八月廿三日