こしき天神

三原市沼田東 沼田神社

 菅原道真が筑紫下向の折り、沼田(ぬた)川を少しのぼった沼田村(三原市沼田東)に滞在し、乾飯(ほしいひ)をこしきで蒸して食べた。道真が置き忘れたこしきをまつったのが「こしき天神」(沼田神社)であるといふ。近くには道真が掘った井戸があったといふ。

 ○我いのるたのみもことに真清水の浅かるまじき恵みをぞ待つ    菅原道真

 沼田の地は、平家の沼田某らが逃げ隠れた地で、源氏ののりつね朝臣に攻撃されて全滅したといひ、田畑を耕すたびに遺骨が出たといふ話もある。(了俊道行振)

 ○袖ぬらすならひも悲し、あやめかる沼田の田の草、今日はとりつつ 今川了俊