阿漕が浦

津市

 阿漕(あこぎ)ヶ浦は、津市の東方の海をいふ。この海は伊勢神宮の神に供へる魚をとる場所なので、一般民には禁漁とされた。昔、ある漁夫が、この禁を破って魚を獲った。味をしめてか、たびたびの密漁を行ったので、遂には人に知られることになり、漁夫は捕らへられたといふ。

 ○逢ふことを阿漕の島に曳く鯛のたびかさならば、人も知りなん  古今和歌六帖

 ○伊勢の海、阿漕が浦に引く網もたびかさなれば人もこそ知れ   源平盛衰記

 また、阿漕の平太といふ漁師が、母の難病にきくといふ魚をこの海で取ったために、殺されたといふ浄瑠璃の話もある。「阿漕」といふ言葉は、憐れさを離れて今はしつこく貪欲なことをいふやうになった。