諸歌

寛政三年(1791)、仙台の浪人、林子平は『海国兵談』の出版を差し止められ版木も没収されたといふ。

 ○親も無し、妻無し、子無し、版木無し、金も無けれど、死にたくも無し 林子平

気仙沼生れの国学者・歌人

 ○置くところよろしきをえて置きおけば皆おもしろし庭の庭石   落合直文

 ○そよとだにたよりばかりのあれかしと花にも風を祈るころかな  鮎貝槐園(実弟)

明治の文芸批評家(旧制第二高校教授)高山樗牛を偲ぶ歌

 ○いくたびかここに真昼の夢見たる高山樗牛瞑想の松       土井晩翠