WZエディターの文字装飾表示と印刷

WZエディターでは、通常のテキストファイルで、文字装飾された表示や印刷が可能です。
ここでは、「上付き文字」のみを試みます。「上付き文字」とは「m2」の「2」のように、小文字で上に表示するものですが、縦書きでは、右寄せになります。その機能を利用して、万葉仮名混じりの文の万葉仮名だけを小さい文字で右寄せ表示してみます。
WZの文字装飾指定は、青空文庫のタグ、JIS規定のタグ 等が利用できますが、今回はJIS規定のタグを試みます。 参考ページ  WZ Editor オンラインヘルプ 体裁とルビ

次の画像が、WZエディターの「印刷プレビュー」画面です。



1 テキスト文書を作る

万葉仮名混じりの文を作り、万葉仮名文字の前後にタグを挿入します。
次の「尓」が万葉仮名で、「_↑」 と「↑_」がJIS規定のタグです。
  高天原_↑尓↑_

タグはこれだけのことなのですが、「万葉仮名混じりの文」を作るのが大変です。
そこで、「ひらがな」を「万葉仮名」に変換する 万葉仮名変換(祝詞宣命体用)のプログラムを応用します。このプログラムでは、変換結果がHTMLファイルとなります。そのHTMLタグ「<i>または<span>」を「_↑」等に一括置換すれば良いわけです。他のHTMLタグは全て削除します。

テキストファイルの「ひらがな混じり文」を「万葉仮名混じりの文」に変換して「_↑」 と「↑_」を自動挿入する、MS-DOSのVZエディタ用マクロも作ってみました。 VZエディタ用のマクロ

2 WZエディタの表示設定

文字装飾タグの入ったテキストファイルは、そのままでは印刷イメージで表示されません。WZエディタの表示設定が必要です。
メニュー〔表示(V)〕〜〔スタイル(S)〕〜〔表示スタイルの一覧(S)〕と進みます。

左画像のように一覧が表示されたら、
〔新規〕から「縦書き2」を作成し、〔編集(S)〕をクリック。


下画像のように編集のメニューになったら、
〔文字表示〕〜〔フォント〕から、〔フォント(F)〕と〔フォントサイズ(S)〕を設定。〔縦書き(V)〕。
フォントは、教科書体や楷書体など。フォントサイズは「20」ほど。


〔文字表示御無ション〕〜〔タグ〕から、〔タグの表示(T)〕「表示しない」に設定。

〔OK〕をクリックすると、編集画面に戻り、印刷レビューのような表示に切り替わります。

2 WZエディタの印刷設定

メニュー〔表示(V)〕〜〔スタイル(S)〕〜〔印刷スタイルの一覧(L)〕と進みます。
〔A4縦書き〕を選び、〔編集(S)〕をクリック。
〔フォント〕で、〔縦書き(V)〕、〔フォント(F)〕、〔フォントサイズ(S)〕を設定。それぞれの値は〔表示〕と同じにします。

〔OK〕をクリック。 〔ファイル(F)〕メニューから〔印刷レビュー(V)〕を確認して下さい。