神話の森・掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
-----

[50] 文章を引用させていただけませんか? 投稿者: 投稿日:2008/11/13(Thu) 15:04  

突然、失礼します。
「牛に引かれて善光寺参り」の文章を印刷物にのせたいのですがお許しをいただけないでしょうか。


[49] 私説公開 投稿者:石垣眞人 投稿日:2008/10/26(Sun) 15:29  

「平成の黙示録」という表題の私説を公開しています。
http://makoto-ishigaki.spaces.live.com にアクセスしてください。


[48] 差し上げます 投稿者: 投稿日:2008/08/02(Sat) 21:33  

失礼します。趣味でHPを作っているものです。
主に本ですが、捨てるのはもったいないので、
欲しい方は無料で差し上げます。

http://www.geocities.jp/onkenkyu/other/sasiage

をご覧下さい。
(管理人様、発言不適切な場合、削除していただいて結構です)

http://www.geocities.jp/onkenkyu/


[47] ありがとうございます。 投稿者: 投稿日:2008/05/29(Thu) 18:50  

お忙しい中をお返事ありがとうございます。
然るべく、致したいと思います。
ありがとうございました。

http://blog.goo.ne.jp/gaiko00


[46] Re:[45] 引用ご許可お願い 投稿者:森の番人 投稿日:2008/05/28(Wed) 20:02  

> 山本様
該当ページについては、万葉仮名をひらがなに置き替へ送り仮名を増やしたことによって、当方に「二次著作権」のやうなものが発生するのかもしれませんが、古いものでミスタイプの可能性もありますので、書籍等から引用されることをおすすめしたいところです。


[45] 引用ご許可お願い 投稿者: 投稿日:2008/05/23(Fri) 18:55  

始めまして。厚かましいですが、延喜式祝詞の引用のご許可を頂戴したく、お願い申し上げます。

http://blog.goo.ne.jp/gaiko00


[44] Re:[41] 無題 投稿者:森の番人 投稿日:2007/12/03(Mon) 23:57  

石碑がないわけではないとは、史料探索の観点からの御指摘と思われますが、
民俗信仰的な近世富士講の特徴として、堂宇や石碑をほとんど残さないことが研究者の間で言われていると思います。自分の名前を宣伝することを恥としたような感じもします。
その潔癖さや勤勉さは、マックスウェーバーの『プロテスタンティズムと資本主義の倫理』の日本版のようにも見え、儒教倫理ではない日本人の倫理感として良いものだと感心しています。養蚕と関連して男女平等的な考えも色濃いようです。
手持の史料では「金銀を貸すに利息を取るべからず」などとあり、例えば、台風その他の災害のときに、名主どうしで無利子での資金融通が盛んに行なわれたならば、地域の繁栄にも貢献するだろう、などと感じた次第。
(「庚申講」などと同様の意味で「富士講」の語を広く使いたいと思います)


[43] [41]について 投稿者:森の番人 投稿日:2007/12/02(Sun) 23:27  

[41]については遅くなりましたが明日コメントいたします


[41] 無題 投稿者: 投稿日:2007/11/09(Fri) 07:01  

森の番人さん、こんにちは。

人穴では彼らによる石碑を見ることが出来ます。10年ほど前に出た『史蹟人穴』による石造物の調査報告は彼らの活動を知るよい資料です。

ただ、法家系の人たちの石造物がそれ以外で見られないのは(ただし皆無ではなくあるにはあります)、彼らが富士塚を作らないのが大きいのかなと思っています。要するにそういう場所が無い。

メールの件は了解しました。近いうちに送らせていただきます。


[40] 無題 投稿者:森の番人 投稿日:2007/11/07(Wed) 11:16  

横手とは今の高崎市内になっている所だと思いますが
富士の関係を含めて、石碑などは残さない主義の潔癖な人たちが多かった時代でしょうから、記録の見つからない人たちの足跡は無数にあったのでしょうね。
講は下から作られる組織ですから、所謂「縦割り」ということではなくて、近隣の複数の講へ参加する人の例も少なくないような資料もあります(明治の例ですが)。

めーる連絡は「ホームのページ」(最上部[トップに戻る]の「トップ」のこと)に入口があります。カウンタ表示のすぐ左下あたりです


[1] [2] [3] [4] [5] [6]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso